2018年 2月 の投稿一覧

ユニーク川柳 vol.1

新生活キャンペーン実施中のOh!川柳、

中の人が書くブログです。

 

さて今日は、

「このまま流れていってしまうのは惜しい川柳」を

ご紹介します。

 

Oh!川柳は、誰かの嘆きを

誰かが返句(狩句と呼んでいます)で救う

という形を取っています。

 

よって・・

全く知らない誰かが

見事な返事をくれることがある!

という楽しみがあります。

 

今日はそんな

「見事なやり取り!」をご紹介したいと思います。

 

<発句者:ヨコヨコ星人様>

新住所
覚えた頃に
また異動

評:いやぁ切実な悩みですね。

今回のキャンペーン「新天地編」にぴったりの発句です。

難しい説明も必要ありませんね・・。

 

ではそれに対する狩句も見てみましょう!

 

<狩句者:8844様>

 

あるだけ優良
仕事と住所

 

 

評:忘れてはいけない仕事のありがたさ、住居のありがたさを説いた

狩句らしい狩句ですね。これは異動の気苦労を忘れてしまえそうです!

 

<狩句者:34様>

 

 

早く決めたい
終の住処を

 評:うむ、切実。悩みを解決する!というよりも「同意して寄り添い気持ちを楽にするタイプ」の解決法ですね。
気持ちが楽になります。
まずは以上のやりとりを取り上げました。
素晴らしい川柳ばかりですね。
これは新しいキャンペーンも終了が楽しみです。

前回のキャンペーンの悲劇

みなさん、こんにちわ。

 

Oh! 川柳の中のひとです。

 

まずおつたえしたいこと・・・

それは・・

 

遂に出来ました

「クリスマスの悩みを水に流しましょう」という名目ではじまったキャンペーンの受賞作品がプリントされた

 

トイレットペーパーです!

 

キャワ(・∀・)イイ!!

 

これはかわいいぞ!

当選者の10名の方にいくつか送付するとして

 

 

 

 

 

(((( ;゚Д゚))))

 

 

 

↑iPadです。

 

 

みっちりです

 

 

 

 

 

間違いなくうちのプレゼントです。

 

 

 

これを会社に置いとくことは難しいので

これは

きっと

 

配れ──ヽ(‘∀’)ノ──!!ってことですね!!!!

 

だれか・・いりませんか・・(切実)

キャンペーンスタート!!!

いつもOh! 川柳をご利用頂き、ありがとうございます!
本日、「悩みは水に流しましょう!キャンペーン 新天地 編」をスタートしました。
異動・転勤・入社等、悩みが多いこの季節。
Oh! 川柳でそのような新天地に関する、お悩みを募集しております。
使いやすいようリニューアルもしておりますので、ぜひ参加ください〜!
[キャンペーンの詳細]
期間:2018年2月21日(水)12:00[正午]〜3月25日(日)23:59
対象:キャンペーン期間内に、サイト内の特設ページ(https://575.ne.jp)にて、お悩み川柳を投稿して頂いた方
賞品:投稿された川柳がプリントされたオリジナルトイレットペーパー1ロール(10名限定)
当選発表/賞品発送:
最も共感された10句(発句5句/狩句5句)の作者を3月27日(火)にWEB上で発表し、当選者にはメールにて住所確認後、後日賞品を発送いたします。!

Oh ! 川柳って?

皆様、こんにちは。

Oh!川柳のなかの人です。

今日は原点に立ち返ってoh!川柳って何なのか。

 

もう一度みなさんにそれをお伝えしたいと思います。

 

Oh!川柳って何なの?

 

Oh!川柳は

簡単に言うと

「川柳を通じて

誰かの悩みを解決しよう」

というサービスです。

シンプルにいうとそれだけです。

 

なんで川柳なの?

なぜ川柳か?

ですよね。

 

一言で言うと

「短くて済むから」

です。

 

「悩み事を

言葉でごまかしてしまう・・」

 

なんてことありませんか?

(わたしはあります)

 

川柳は「ポイントをまとめて伝える」ときに

とても役立ちます。

たった17文字ですから。

 

つまり

”悩み”をいろいろな言葉で取り繕わず

ストレートな思いだけぶつけ合いたい

という気持ちで

川柳というルールが選ばれました!

 

いかがでしょうか?

 

Oh!川柳がなぜ川柳なのか、伝わりましたでしょうか?

 

次回、もう少し踏み込んだ説明もさせていただきたいと思います。

 

 

 

 

はじめましたブログです Oh ! 川柳です

■ブログ始めるよ

ブログの皆様はじめまして、

Twitterではたくさん頑張っております。

中の人こと、管理人です。

Twitterではどんどん記事が流れていってしまうので

素晴らしい句が残らない、そんな悲しみを会社に淡々と訴えた結果、

ブログをやらせてもらえることになりました。

やったぜ、というわけでブログがんばっていきます。

 

不束者ですがみなさまどうぞ宜しくお願いします。